読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STAR研修を受けてます(初日)

www.recruit-ms.co.jp

今日から会社でこんなの受けてます。

 

正直、今僕のいる営業チームは下期の目標に到達できるかギリギリのラインで戦っているため、ここに2日も取られるのは

 

「F◯CK!!!!!」

 

ってまじで思っておりました笑

しかも私のいるチーム3人なんですが、そのうちの2人(私を含めた)がこの研修に出るのだから尚更です。

 

とはいえ、社会経験の乏しい私はこういったセミナーや研修の類を受講したことがありません。大学にもいってないですしね。

 

なので、興味が無いわけではなかったので、大人しく受講しております。

 

STAR研修

それってなんぞやって話ですが、いわゆる対人スキルです。

仕事でもプライベートでも苦手な人、得意な人っていますよね。

 

でも、それって「なんで苦手なの?」「苦手って何?得意って何?」みたいなところから入って、人間のパーソナルスタイルを4つに分類。

それぞれの傾向や特徴を知って、自分がどれに分類されるのか、自分はどんなことが苦手なのか、各スタイルの相手に対してどう接するとコミュニケーションが円滑に進むのか。

 

そんなようなことをグループでディスカッションしながら2日間かけて学んでいくセミナーです。

(じつはこの研修費用¥80,000-もします…さっき知ってびっくりした。※会社負担。)

 

4つのソーシャルスタイル

f:id:sousoup7:20170119000110g:plain

苦手な人をなくす 〜実践としてのソーシャルスタイル理論〜 | 連載・コラム | 人材育成・研修のリクルートマネジメントソリューションズ

 

ソーシャルスタイル、いわゆる行動傾向というやつだそうです。

数十年かけてあらゆる人間の行動分析をした結果、《感情表現の度合い》と《自己主張の度合い》の2軸で人間は4つのタイプに分類できるんだとか。

 

それが上の画像。

 

縦軸→感情表現

横軸→自己主張。

 

だった気がする。

 

各タイプの特徴をざっくり言うと

 

 

【エクスプレッシブ】

  • 直感型
  • 感情表現が豊か(喜怒哀楽がハッキリしている)
  • 形式にとらわれない
  • 自由な主張
  • 声が大きい

代表的な人物:明石家さんま、ルフィ(ONE PIECE)、磯野カツオ(サザエさん)…など

 

【エミアブル】

  • 温和型
  • 人間関係を重視
  • バランサー
  • みんなに目を配る
  • 援助は惜しまない
  • 感情表現はするものの、自己主張はあまりしない

代表的な人物:所ジョージ草なぎ剛、たまちゃん(ちびまる子ちゃん)…など

 

【アナリティカル】

  • 分析型
  • 主張は弱く、感情の起伏も少ない
  • データ重視
  • 準備をしないと動けない
  • 冷静で慎重。物事に時間をかける
  • ゆっくりとした口調、会話のテンポが遅め、抑揚が少ない

代表的な人物:野村監督、タモリ明智光秀…など

 

【ドライビング】

  • 前進型、実行型
  • 効率重視
  • 感情は出さないものの、主張はハッキリする
  • 決断が早い
  • アイコンタクトをしっかりする(目をしっかり見る)
  • 人間関係よりも結果重視

代表的な人物:織田信長イチロー流川楓SLAM DUNK)、ゾロ(ONE PIECE)…など

 

各スタイルを知った上で、自分がどこに分類されるのかを知らされます。

 

これは事前にセミナー側から出されるアンケートに答えて判別します。

(もちろんこの後にセミナーで判別方法は教えてくれました)

また、それと同時に社内の身近な人間にアンケートをお願いすることで、自分が思っている自分と他人から見た自分、そこにギャップはあるのかということも調べます。

 

私は普段【エクスプレッシブ】系だと思っているのですが【アナリティカル】系でありたいという願望もあって、そんな行動を取ろうとした結果【エミアブル】系になってんだろうなー、ドライビングだけはねぇだろうな、なんて思っていました。

 

 

ところが…

 

 

封を開けると

 

 

 

自分の答えたアンケートから出された結果→アナリティカル

 

他人から見た自分→ドライビング

 

 

 

 

自分の認識との誤差に驚愕。

封を開けた時に「なんてこった」って声に出しちゃったよね。

 

 

こうしてSTAR研修の初日が幕をあけたのです。

 

つづく…